アクト・オヴ・ウォー ハワイ王国の転覆 (日本語字幕付き)

ハワイ王国の転覆という歴史上の事件を、刺激的な観点から捉えた1時間のドキュメンタリー作品。1893年1月半ば、ハワイ王国を統治するリリウオカラニ女王への反逆クーデターを支持するため、米戦艦ボストンからの武装兵士がホノルルに上陸。この事件は、クリーブランド大統領によって「アクト・オヴ・ウォー」、すなわち「戦争」と呼ばれました。

記録写真や映画、政治漫画、歴史的文書、ハワイの学者による解説を通じて、ハワイアンの視点から見たハワイの歴史をたどります。
 
ハワイ学研究所(the Center for Hawaiian Studies)とハワイ大学が協力して制作した本作品には、ハウナニ・ケイ・トラスク、リリカラ・カメエレイヒワ、ケクニ・ブレイズデル、ジョナサン・オソリオなどの歴史学者・研究者が出演しています。
 
Act of War - The Overthrow of the Hawaiian Nation (アクト・オヴ・ウォー:ハワイ王国の転覆)は、1991年後半にIndependent Television Serviceが資金提供を行った最初の作品のひとつ。さらにNative American Public Telecommunicationsから追加資金を得て、Native American Public Broadcasting Consortiumを集めた後、1993年に完成しました。
 
ハワイ主権回復と独立運動で歴史的な意味を持つリリウオカラニ女王廃位から100年目の1993年に、Hawai'i Public Televisionが本作品を放映しました。
 
同じ年に、米国議会はハワイ併合が違法であったことを認める両院合同決議を行い、正式にハワイの人々に謝罪しました。クリントン大統領は1993年11月に決議に署名しています。
 
以来、米国における93の公共テレビ局がプログラムを放映しています。
 
上映時間: 58分
1993年
 
Independent Television Serviceを通じて、公共放送協会、Corporation for Public Broadcastingが主な資金提供を行っています。
 

Product Options

Price: from $35.00

Loading Updating cart...